Top Puzzle Page [1] [2] [3]
Juno's Rope Magic copyright 1995 Junichi Yananose
このパズルのつくり方

パズルを楽しむだけならB5サイズ程度の厚紙があれば十分でしょう。裏面も使用するので、両面が同じ色のものを用意するか、厚紙を2枚あわせにするといいでしょう。1単位を2〜3cm程度にすると遊びやすいと思います。12枚のL型(Lテトロミノ)を切り出したら、マジックやサインペンで裏表に線を引くだけです。これだけで当分の間、時間がつぶせると思います。

写真の作品は木のピースに溝をつけています。クロスバイスと言う、前後左右にハンドルで動かせる万力にピースをくわえ、卓上ボール盤にセットした、エンドミルと言う切削工具で溝加工をしました。一品ものの場合は、ピースに簡単な作図をして、それを目安に加工してもいいのですが、大量に加工する場合は、クロスバイスにストッパーを取り付けると効率があがります。このパズルは、「第18回世界パズルパーティ」での交換品に使用したのですが、そのときは約100セットの溝加工をしました。作業1日目の半分は、クロスバイスにストッパーを取り付けるための加工に費やし、途中、木工をやってるのか金属加工をしているのか首を傾げる場面もありましたが、はじめに環境を整えたことで、その後の作業効率が大幅にアップしました。

今回撮影用に使用したものは、溝の中に着色を施しています。最初は無着色のまま撮影してみたのですが、溝の判別がしづらかったためです。木に染み込むステイン系の塗料があったので使用してみましたが、マスキングの必要などもなく、容易に着色できました。はじめに色を染み込ませたピースを用意して、あとから溝をつけるのもおもしろそうです。

Line 2本の解例

Top Puzzle Page [1] [2] [3]